~漢方薬を使って治療しよう~
漢方薬といえば中国のイメージであったり、なにやら怪しげな成分の薬を飲まされるのではないかといった不安を感じる方もおられると思います。
実際に中国や韓国の漢方薬には水銀や砒素(ヒ素)、カドミウムなどの日本では認められていない危険な成分が入っていることが問題視されています。
日本ではこのようなものを薬として使用することに対して非常に厳しい環境にあるので、薬を使って逆に体を悪化させてしまう、または違う原因をつくってしまうなんてことですと何のために服用しているかわかりません。
日本のきちんとした機関から処方される漢方薬は規定されている基準を満たしいるため安全です。
危険な成分を含む漢方薬は厳重管理されているため、医薬品として処方できなくなっています。
漢方薬といえども全て中国などの海外から仕入れている訳ではなく、日本独自で研究している分野も多くより安全で効果が高いとされています。

現在ではネットショップなどで個人輸入など簡単にできたり、また自分で中国から買い付けたものを服用したりするのは絶対にやまてください。
漢方薬は医薬品であり、勝手な思い込みで使用すると大事故に繋がる可能性があります。
それでは漢方薬を服用したいときにどのように選べばいいのか?

~漢方薬を処方してくれる病院~
日本全国どこでも、漢方薬を処方してくれる病院はあります。
大学病院でも東洋医学の分野として漢方薬を扱う場所が増えており、個人の診療所でも、昔から漢方薬を扱う場所も少なくありません。
また東洋医学クリニック、漢方クリニックという名前で専門的に診療や治療に取り入れている場所もあります。
漢方薬とひとくちに言いましても値段も安ければ、驚くほど高価で医療費どころではないようなものもあります。
貴重な材料を使えば使うほど、その値段は高くなり保険適用外にもなるため気軽に手を出せないものもあります。
コンビニなどにある栄養ドリンクもそうですが一般的なものは安価で手ごろな価格で手に入れる事ができますが、貴重な漢方薬などのを使用すれば価格もおのずと数千円などと上がってしまします。
病院では基本的には健康保険が適用できるもので調剤して処方してくれますから、気が遠くなるような値段になることはまずないと考えてください。
もし価格が不安な方は事前に保険適用内で服用したいなど事前に病院側に相談することをオススメします。
やはり病院は治療や診療だけではなく検査という項目も加わってきますのでより安全で正確な治療が可能です。

~漢方薬を処方してくれる薬局~
漢方薬を処方してくれる薬局は阿日本全国非常に多く存在します。
漢方薬専門に扱っている薬局の薬剤師さんに相談してみましょう!
漢方薬局では、「頭痛がする」と言って「ではこのあたりはどうでしょうか」と薬が出されるような事はないはずです。
まず予約などを使い、実際に診察やカウンセリングにあたる時間が設けられている場合が多い形になります。
事前の診察やカウンセリングにてその方に一番適している漢方薬を調剤して処方してもらえます。
各個人個人に合わせて作られますので、とても効果のあるケースが多かったりします。
全国で名の知られている漢方薬局は、名古屋の東海漢方薬局。大阪の誠芳園。福岡の太陽堂などがあり不妊治療から、難病治療まで全国広く活用されています。

健康食品「超低分子パワーフコイダン」の商品サンプル、資料などの配布。初めての方の為にサンプルプレゼント。超低分子パワーフコイダンお試しパック。2075円。お客様の声を取り入れ“安心と信頼”に努めています。大阪市営地下鉄今里筋線 だいどう豊里 徒歩15分。フコイダン正規販売店として、10年の実績と経験がございます。全国どこでも送料手数料無料。フコイダン配合の健康サプリならこちら