漢方薬の効果・効能

漢方薬の効能とは?
漢方薬の効能とはどのようなものがあるのでしょう?
漢方薬のCMで有名なメーカー「ツムラ」は当初、入浴剤でヒット商品を開発し、数年前から「漢方のツムラ」というイメージで「漢方薬」の普及に一躍買っています。
ちょっと話がそれましたが、漢方薬の効能について見ていきましょう。
ここでは漢方薬の効果・効能について簡単に紹介していきたいと思います。

【漢方薬の効能は、代表的なもの】
・便秘
・肩こり
・頭痛
・生理痛
・更年期障害
・不妊
・冷え症

…etc

漢方薬は上記以外の病気の治療でも使われており、病院で診察をしてもらったあとに各個人に合わせた漢方薬を処方してもらう事が可能です。
薬局では市販の漢方薬を買うことができます。
漢方薬の知識がなくても薬局などでは専門スタッフや薬剤師さんに一度相談してみましょう。
また日本では厳重な品質規定があるため中国などの危ない商品などを服用する危険性はないためご安心ください。
上に書いたような症状でお悩みの方は、自分に合った生活を送りながら無理なく体調を良くするためには漢方服用を強くオススメします。

~漢方薬の効能を良くする飲み方~
漢方薬の効能をより引き出すためにはどのように飲んだらよいのでしょうか。
漢方薬をどのタイミングで飲むのか、どういった飲み方がよいのかなど漠然としており、これから漢方薬を服用し治療を考えられている方はわからない部分が多いと思います。
まず漢方薬を飲むタイミングですが、これは、食事と食事の間(つまり食間)がオススメです。
また食後の服用と言われた場合は食事を終えて2時間過ぎたあたりがちょうどいい時間です。
複数の生薬が合わさって作られた漢方薬は薬が吸収されやすい空腹時に飲むことで、効果・効能を最大限に発揮できるからです。
胃腸が弱い方は、胃腸への負担を軽くするために食後に飲むことをお勧めします。

【漢方薬の効能がいいのはどっち?】
漢方薬の効能がより出るのはどんな種類の漢方でしょうか。
漢方薬には煎じ薬やエキス剤などいろいろなものがあります。
まず、煎じ薬は生薬をそのまま煎じたもので、成分が濃いのが特徴になります。
しかし香りもきつく分漢方薬の効能が一番高い反面、苦手な方にとっては飲みづらい形です。
それに対してエキス剤は煎じ薬を濃縮・乾燥し、粉や錠剤に加工したものです。
手軽にどこでも飲めることが特徴ですがエキス剤は飲みやすい分、効能は煎じ薬より劣ります。

【漢方薬の効能は飲み合わせで劇的変化!?】
たとえば西洋薬の副作用を抑えるために漢方薬を服用することがあります。
漢方薬の効能は飲み合わせで変化するのでしょうか?
それはケースバイケースで、高血圧治療での漢方薬の併用は規制があったりするので、必ずドクターや漢方薬の専門家に相談しましょう。
ネットでの相談サイトなども検索すれば同様の内容が書かれているなどのケースもありますので一度検索して調べてみてもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*